作者別: webmaster

高島屋のおせちの評判が良いことは知っていました。

正直おせちに三万円以上の値段を出すというのは私の常識にありません。

家族や親類縁者の仲はいたって普通に良好だと思いますが、祖母の世代がまだまだきちんと手作りしていてくれたお陰なのか、買っておせちを食べるような経験がなかったのです。

高島屋おせちの評判が良いことについてはうっすらとは知っていましたが、前述したような理由で買ってみようと思った事は一度もありませんでした。

(知人から「予約必須」「売り切れ当たり前」と聞いていましたし)ですが、ある年に従妹の結婚の会食と合わせて新年の挨拶を行う事になり、その時に親族を代表して高級おせちを購入する係になりました。

税込みでおおよそ4万円程の三段重のおせちを購入しました。予約は11月に行いましたが、それでもギリギリだったようで驚きました。全体に薄味で上品な味付けで、見た目も完璧に美しかったので親族みんなで感嘆した記憶があります。「流石という感じだね」とみんなで話しながら美味しくいただきました。

おせち料理を購入する事にしました。

今年のお正月は義母の負担を減らす為に、おせち料理を購入する事にしました。

毎年は義母が一つ一つ手作りしてくれていましたが、手間も掛かるし、おせちの種類を増やすと金額も購入するより高く付いてしまう事もあるからです。ネットで調べていくと、そこそこ華やかに飾られた三段重があり、15000円で購入出来ました。12月30日着にしました。

いざ商品が届き、開けて見ると写真で見るより遥かにお粗末な感じに思えます。プラスチックの容器に3個位づつおせちが並んでいて、とても華やかさなど感じられません。

容器自体も思っていたより、遥かに小さく薄っぺらい。これを見た義母が慌てて買い物に行き、結局何品かを造り購入したおせちも毎年使っていた重箱へと移し替えました。

折角、負担を減らそうと思ったのですが、返って急な作業をさせてしまって申し訳ない気持ちが残りました。それにしても、15000円であのデキって個人的にはあり得ないと感じます。

毎年解って購入している方もおられるかもしれませんが、やはりカタログ上と実物の差は激しく感じます。

セブンイレブンで販売している『和洋折衷おせち二段重』をネットで予約購入しました。

去年のお正月にセブンイレブンで販売している『和洋折衷おせち二段重』をネットで予約購入しました。
それまでの年は大体デパートか近所のスーパーで単品で具材を購入して自家製のおせちを作成していましたが、去年の年末は私も妻も仕事が忙しくネットでおせちを注文してみようということになったのです。
色々とネットショップ等で調べてみたのですが、どれも代わり映えしないように見えてしまい最終的に普段から利用しているセブンイレブンで『和洋折衷おせち二段重』を購入することにしました。
定番の甘辛く煮付けた海老や伊達巻等の和食に加えローストビーフやスモークサーモンに野菜のマリネまで入っていて、洋食好きの私と和食好きの妻にマッチした二段重おせちです。
お正月は朝から酒を飲む夫婦には丁度良いつまみで、量は2、3人前とのことでしたがボリュームも申し分はありませんでした。
10000円ちょっとの値段の割りには生の食材が新鮮で味付けもデパートのおせちに遜色がないと感じました。
よく知っている企業のネット購入だったため安心して購入することが出来たことも良かったと思います。

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !